本文へ移動

現場スタッフの声

一本松すずかけ病院で働く、1年目、2年目、ベテランのスタッフたちにそれぞれのやりがいを聞いてみました。
1年目スタッフの声
INTERVIEW 01
医療人として、社会人として、すべてが初めての1年目を終えて
「一年を振り返ってみてどうでしたか?」
 
スタッフの声
同期や先輩に恵まれた

私は、宮崎の大学から、一本松すずかけ病院で学ぶためにこちらに引っ越してきたので、最初は知り合いもまったくいませんでした。うまく交流が持てるか不安でしたが、同期や先輩に恵まれて、今は仕事に打ち込める環境になりました。わからないことがあっても、やさしく教えていただけるので、不安はないですね。

 
スタッフの声
落ち着いて対処できるようになった

私の前職は、ホームセンターの店舗管理。長く続けられる仕事をと思い、一本松すずかけ病院への転職を選びました。精神疾患を持っている患者さんに対して最初は怖いイメージもありましたが、知識や経験を積むことで落ち着いて対処でき、患者さんにも安心してもらえるようになりました。

 
スタッフの声
成長のために、振り返りの機会を持つ

患者さんが回復していく様子を見られることが、最大の喜び。逆に悪くなってしまったら、原因が何だったのかを考えます。精神科は、同じ病名でも人によって症状が違うし、同じ人でも日によって状態が違います。だからこそ、僕ら新人は毎日学んで、自分の行動を振り返る機会を持つことが大事だと思っています。

 
INTERVIEW 02
仕事にも慣れて、後輩もできて、いろいろ変化の2年目を終えて
「どのように成長していきたいですか?」
 
スタッフの声
忙しくても、患者さんとの関係をおろそかにしない

現在は、看護師として毎日働きながら、数日に一度は看護チームをまとめるリーダーをしています。ドクターの指示を各看護師に伝えたり、電話対応をしたりと、リーダー役をする時はとても忙しく、責任も負っているので1年目には経験したことのなかったプレッシャーを感じます。

役割が増えて、仕事量も増えるので、自分のキャパに対してギリギリだと感じる日もありますが、そこを乗り越えることで着実に成長している実感が持てています。1年目は受け身でよかったのが、2年目からは自分で考えて動かないといけない。大変だけど、憧れていた看護師の仕事がようやく本格的に始まった気がしています。そんな忙しさの中でも、患者さんときちんと信頼関係を築いていけるように丁寧に向きあうことが、私の目標です。

 
ベテランスタッフの声
INTERVIEW 03
長く経験を積んできた先輩スタッフだから言える
「いい看護師でいるために大切なことは?」
 
ベテランスタッフの声
上から目線ではない、共感力を大切に

21歳の時に就職し、以来25年間、一本松すずかけ病院で働いてきました。今は、慢性期の開放病棟で看護業務をしながら、学生などへの実習指導も受け持っています。看護人生の半分以上が過ぎたので、今はこの仕事の面白さを伝えることに注力しています。

大切にしているのは、共感力。スタッフにも患者さんにも、上から目線でなく、相手が話しやすい環境を作ることが大事です。共感を持って自分のことを大事にしてくれた先輩たちの分だけ、自分も後輩にはそうしたい。将来は、認定看護師の資格を取り、自分の病棟に限らず部署を横断して病院全体のスタッフ教育に携われたらと思います。

 
ベテランスタッフの声
患者さんとの約束を必ず守ること

就職してまずは慢性期、その後急性期担当に移り、現在は血液透析センターで働いて9年目になります。部署内では教育担当。当院の特徴であるチーム支援型の教育体制の中で、新人をチームでサポートしています。チーム支援型の教育が始まって3年が経ち、不安なく新人を迎えられる体制ができてきています。

血液透析の場合、長期間の治療になる場合が多いので、患者さんから「ここは居心地がいい」と言っていただけると、この仕事をしてきてよかったと感じます。そのためには、話すことが大事。そして、「後から行きますね」と言ったら、必ずその約束は守る。その時々の決断を、曖昧にしないことが大事です。これからは、当院の強みである透析のスキルを高めて、地域の中で当院の存在感をさらに大きくしていけたらと思っています。
医療法人 和光会
〒825-0004
福岡県田川市夏吉142番地
TEL.0947-44-2150
TOPへ戻る