本文へ移動

身体拘束対策に関する指針

身体拘束ゼロに関する取り組み

当施設は、「福岡県身体拘束ゼロ宣言」を行い、福岡県の登録を受けている事業所です。
利用者のケアの質の向上を図ることを目的として、事業所内での身体拘束ゼロを実現するために以下の取り組みを行っています。

「福岡県身体拘束ゼロ宣言」6つの取り組み

  1. 身体拘束廃止をトップが決意し、責任を持って取り組んでいます。
  2. 「身体拘束ゼロ推進委員会」を設置するなど、多職種による話し合いの機会を設け、よりよいケアの実現に向けた運営を取り組んでいます。
  3. 利用者の家族と、身体拘束廃止について協力関係を築くことを目指しています。
  4. 事故が発生しないための工夫に取り組んでいます。
  5. 最新の知識と技術を職員が学ぶ機会を設け、積極的に取り入れるよう取り組んでいます。
  6. やむを得ず身体拘束を行う場合は、「緊急性」、「非代替性」、「一時性」の要件を、徹底して遵守します。
当施設において、身体拘束対策に関する指針を作成しておりますので、詳しくは下記をご確認ください。

利用相談・見学・お問い合わせ窓口

介護老人保健施設 あけぼの荘 支援相談員まで
TOPへ戻る